2024年2月12日

2024年2月に行われた、1日であほなゲームを作るゲームジャムイベント:あほげーに参加しました。今回は連続5回目の参加でした。過去最長で遅刻してしまったものの、配信期限の締め切りには間に合いました。

制作中は無我夢中で何も分かりませんでしたが、子どもの頃に好きだったタイプのバカゲーが作れたのかなと満足しています。

作ったゲームはこれです↓

他のすばらしいあほなゲームはこちら↓

お題「スナック」

スナックには全然行ったことがないのでよく分かりませんでした。社会経験不足。お酒が飲めないので仕方ないのでは。ということでアニメ「スナックバス江」を見て勉強しました。同じように視聴されている方を確認し安心しました。しかしそれでスナックの勉強が出来たのかは謎です……。あとは龍が如くで遊んだ経験があるくらいです。未知のエリアです。

素材

素材サイトからいくつか素材をお借りしました。感謝感謝。

ポテチが膨らむ様子を再現しようと思いました。Unity上で画像を膨らませる方法も気になりますが、今回はクリスタの魚眼レンズで加工しました。

自分で撮った背景素材も使えたので満足です。

このハトは近所で撮影しました。他にも上手く撮れたと思っている写真がいくつかあるので、どこかで使いたいなと思います。

サメは完全に個人的な趣味ですかね……。どうして混入したのかは分かんないですね……。

完成

なんだかんだ完成したので良かったです。あのようなモノを飛ばすタイプのゲームは初めて作ったので面白かったです。物理演算的なことはまだよく分からないのですが、当たり判定について多少は理解できるようになったのかなと思います。

ステージ2は苦戦しがちなようなので調整したほうが良いのかなと思いつつ、バランス調整不足もあほげーの醍醐味なのかなと思うなどしています。今やってみたらステージ3でポテチが不発だったりといった粗がありました。まあそれも味なのでは。ポテチだけに。

あほげー投稿作品

前回は全然ツイートする余裕が無くて全プレイ記事を作ったのですが、今回は感想を気楽にツイートできたので良かったです。少しでもイベントの賑やかしになれればなあという気持ちがあります。

あとはスコアで愛を語っているのでは。毎回愛を語っています。会長に頂いた回答によれば、愛とはためらわないことらしいです。これって何か聞き覚えあるなと思ったら宇宙刑事ギャバンでした。世代ではないのに聞いたことはあります。偉大ですね……。

微粒子レベルの攻略情報

数少ない(?)クリア者として若干の攻略情報です。何度か観察に徹すれば大丈夫だと思います。最初は何度もママに話しかけてしまうなどして、18人が限界でした。しかし理不尽すぎる(ずっと隠れている)というようなキャラはおらず、良心的だと思います。重なっているキャラから無理に徴収しようとせず、空いている場所から冷静に回収していくと良さそうです。直線を歩いているそっくりな2人が難関かなあと思いました。

私のタイムは残り11秒でした。対よろ。


3分4秒頑張って349000円が自己ベストでした。3体目のお客さんも拝めました。初手ドリンク→美声強化が定石だと思うのですが中盤以降は鯛必須の気がするし結局のところキャラコンの技が重要になるのでは。1日でヴァンサバ系作れるのすごいしはやくそれになりたい。


酒癖の悪いオジサンはストレスのはけ口。累進課税電子レンジ。私は使ってないけど不正が出来てしまうのも含めて神ゲー。


私はアレルギーの関係できのこ派です。世の中はたけのこ派が跋扈しているようですね。恐ろしい。この文字のレーザーかっこいいので真似してみたい。

 

おわりに

また予定と体調が合えば参加したいです。遅刻しないためにはもっと準備が必要というか、自分の力量を見極めた時間配分・企画が必要なんだなあと思いました。それが出来たら一人前ですね。

楽しいイベントでした。感謝感謝。

Categories: